屈辱の決闘者(ライツベの星)

出典:本人提供

チャンネル登録者数 1500人
総再生回数 -
誕生日 5月20日
出身 日本

屈辱の決闘者(ライツベの星)とは

オープンレックを中心にゲーム配信を行っている屈辱の決闘者(通称ライツベの星)。高校のときからlivetubeでゲーム配信をしていた。当時はアラド戦記や遊戯王オンライン。アラド戦記ではKOA杯という大会で優勝。遊戯王オンラインではYOC Summer 2011 Preliminary Round 3にて優勝しファイナリストの権利を得る。準決勝の屈辱の決闘者yottiy4(チェーンバーン)対momen(シンクロガジェット)は序盤の絶望的な状況から最後は残りライフ100で大逆転勝利を決める。

2014年はハースストーンに挑む。大型大会にて好成績を連発。ファンが一気に増える。
2015年はトーナメントからは退き実況解説を務めた。
2016年大学卒業と同時に地元企業に就職したが、あまりにも業務内容がキツかったため、半年で足の神経が無くなってしまい退職する。現在はニート生活満喫中。
シャドウバースに挑む。RAGEvol.3にてファイナリストになりさらにファンが一気に増える。

トーナメントでは相手との駆け引きを重視したコントロールデッキを好んで使用する。また、独特な構築をしたデッキを持ち込むことから、熱狂的なファンが多い。リアルでカードを握ると相手に背筋が凍るようなプレッシャーを放つと言われ、そのプレッシャーからプレイミスをする相手も多々多い。大学ではシステムデザインを専攻し、キュレーターの研究をしていたこともあり、情報処理能力に長ける。

ジャンケンが得意。

経歴

2011年夏 遊戯王オンライン世界大会ファイナリスト
2014/9/11 JCG masters 1st $100
2014/10/25 Japan China Arena Tournament $1000
2016/10月-11月 RAGEvol.3 ファイナリスト

チャンネル

ただいまチャンネルページは準備中です。

関連記事

関連ユーチューバー

この記事をシェアする

この記事に関係するキーワード

関連記事