子供のなりたい職業の上位に入るとして、話題に上がるYouTuber。
世間では、遊んでいるとか定職についていないなどのマイナスの意見が多く見受けられる。

マイナスな視点で見られやすいYouTuberだが、Twitterで子供がYouTubeにハマっていることを好意的に見ている親の意見が話題となっている。

YouTuberのプレゼン能力は一生もの

Tomさんは、息子がYouTubeでヒカキンの動画を見ているところやヒカキンの真似をしているところを見て、YouTuberはプレゼン能力を日々鍛えており、それは子供の成長に役に立つと感じたそうだ。
YouTuberは、動画を通じてファンを楽しませることが仕事になる。
そのためには、動画の企画や趣旨をはっきりと伝え、商品のいいところやゲームの面白いところを理解してもらわなければならない。
子供がYouTuberの真似をするということは、人に何かを伝える練習になると感じているそうだ。

Tomさんの一連のツイートを紹介する。

Tomさんのツイートに対しては、「YouTuberの真似事をしてきたら、物事を論理的に考察し、カッチリした文にしてアウトプットする力が自然と養われていた」、「自分の口下手を直すためにYouTubeをやっている。喋りや編集をして、初めて分かることがある。」といった感想が出て来ていた。
YouTuberとして活動していくため、人気になるために必要なスキルは、社会でも使えるものであるということに多くの人が共感しているのだ。

Tomさんの息子の素晴らしいところは、どの実況動画が面白いのかを直感的に理解していることだと感じる。
ヒカキンがなぜYouTuberとして有名になっていったのかというのは非常に難しい話なのだが、理由の一つは誰にでも分かりやすい動画を意識していることがある。
商品のどこが使いやすいのかどこが使いにくいのかなど、視聴者が知りたい情報を短く簡潔に分かりやすくまとめて動画を作成している。
それゆえ、ヒカキンが使っているから欲しくなった、ヒカキンが遊んでいるから自分も遊びたくなったという意見が多く出ている。

さらにヒカキンは、プレイしているゲームや紹介する商品を日々変更している。
視聴者の感触や流行を意識して、飽きさせないような動画作りをしているのだ。
YouTuberとして活動している人でも、見習うべきことは多いだろう。

自分の意見を伝えることや自分が面白いと思ったものを伝えるのが苦手という方は、一度YouTubeを参考にしてする方法を試してはいかがだろうか。

面白かったらコメントしていってね!

▶︎最新話題記事はこちら!
【裁判】みずにゃんがコレコレを名誉毀損で刑事告訴!コレコレに家宅捜索が入る・・・
【炎上】コレコレ、粉ミルクの偽彼女に騙される!?天月なども巻き込んだ大騒動に・・・
YouTube収益化の条件に「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」が追加される
【朗報】輝夜月がクソリプ画像を無料で配布してるぞ!!!
【祝】ねこてん、動画投稿を再開!引退せずに活動復帰してくれたよ!
【YouTuberランキング(1月第2週)】悩殺イルカボイス♪バーチャルYouTuberシロをピックアップ!

▶︎YouTuberの事務所のメンバーはここをチェック!
・UUUM(ウーム)メンバー一覧まとめはコチラ
・GenesisOne(ジェネシスワン)メンバー一覧まとめはコチラ
・NextStage(ネクストステージ)メンバー一覧まとめはコチラ
・E-DGE(エッジ)メンバー一覧まとめはコチラ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします


この記事をシェアする


この記事に関係するキーワード