水溜りボンドのトミーが「42.195km」のホノルルマラソンに挑戦し、見事完走した!

「世界一の市民マラソン大会」とも呼ばれているホノルルマラソンについての情報も記載した。

水溜りボンドのトミーが「42.195km」のホノルルマラソンを完走

https://www.youtube.com/watch?v=ICXhc4Zvpck

こちらの動画で、水溜りボンドのトミーが「42.195km」のホノルルマラソンを完走する様子が捉えられている。

距離も「42.195km」と一般的に認知されているフルマラソンの距離であり、とても長い距離だということがわかる。
動画の趣旨としては、『運動を全くしていない不健康な人間でも「42.195km」のフルマラソンを完走できるのか』という検証動画である。

今回はカンタは走らず応援役に徹し、トミーとサポートのまんずの計2人で走る動画となっている。

  • 午前(AM)4時より準備運動の開始
  • 午前(AM)5時にホノルルマラソン開始

  • と早朝の朝早くから始まるマラソンとなっており、まだ辺りも真っ暗な状態から始まる。

  • ホノルルマラソンの給水所の様子
  • 出典:水溜りボンドの動画より

    上記の画像のように、給水所は荒れており、足元が悪い様子がわかる。
    幾多の難所があるのがホノルルマラソンである。

    6km,15kmの地点などでトミーを応援するカンタ。

    特に、【7:30~】のカンタのはしゃぎっぷりに注目!

    また、【8:30~】のトミーが語る言葉にも注目していただきたい。
    今回どうしてカンタではなくトミーなのかという疑問にこたえるものとなっているからだ。

    というのも、カンタは過去に「100kmマラソン」に挑戦し、成功している。
    もし、カンタが「42.195km」のフルマラソンに挑戦したところで、「100km」走れる人が「42.195km」走っているだけとなってしまうのだ。

    そのため、普段できない人物が、挑戦している姿を届け、視聴者に対し【挑戦する勇気】を与えるために今回は、カンタではなくトミーが選ばれたのであった。

    水溜りボンドのトミーのホノルルマラソン宣言動画

    https://www.youtube.com/watch?v=gugM__QI7JM

    こちらの動画にて、水溜りボンドのトミーがホノルルマラソンに挑戦することを明らかにした。

    カンタは、以前に「100km」マラソンに挑戦し成功しているため、今回の「42.195km」のホノルルマラソンにトミーが挑戦するということに大変心配な様子を明らかにしている。

    しかしトミーは、カンタのような人物が行ったところで、見ている視聴者さんは「どうせ、俺じゃできないし」といった気持ちになってしまうであろうことを考慮し、「普段だらけている自分が挑戦することでいい影響を与えたい」とホノルルマラソン挑戦動画と同様のことを述べている。

    動画自体は、終始ふざけた様子ではあったが、今回のホノルルマラソンに対してのトミーの熱い気持ちはとても伝わる動画であった。

    水溜りボンドのトミーのホノルルマラソン完走後の様子

    https://www.youtube.com/watch?v=4UClUs-42xc

    こちらが上記に紹介した、水溜りボンドのトミーが「42.195km」のホノルルマラソンを完走した後の動画である。

    完走後のトミーの様子やホノルルマラソンのゴール地点の様子などがよくわかる動画となっている。
    ホノルルマラソンでは、完走後に参加した証としてゼッケンを見せることで、ホノルルマラソン特製の「完走Tシャツ」がもらえるものなっている。

    今回の動画の内容は、ホノルルマラソン完走後のトミーが、
    特製Tシャツを受け取りに行く「200m」
    受け取った後戻る際に歩く距離の「200m」
    そしてタクシー乗り場までこれらの距離を合計すると、「1km」
    この距離を歩くということについて嘆いている動画である。

    水溜りボンドのトミーが挑戦したホノルルマラソンについて

  • ホノルルマラソンの様子
  • 出典:Wikipediaより

    大会の特徴の一つとして、時間制限を設けていないこと(ゴール時間および参加標準記録。但しゴールゲートは16時台を目処に撤去され、それ以降ゴールした参加者のゴールタイムは手動計時となる)や、大会当日に満7歳以上の健康な人なら誰でも参加できること[5]も手伝って、健康づくりのために参加している一般市民ランナーや、フルマラソン初参加のランナーも多く、「世界一の市民マラソン大会」、「ジョガーの祭典」とまでいわれる。

    引用:Wikipediaより

    上記のように、今回水溜りボンドのトミーが参加したホノルルマラソンの大きな特徴としては、時間制限を設けておらず、満7歳以上なら誰でも参加できる点である。

    特別な条件などもないことから、「42.195km」というフルマラソンに参加する際の、マラソン未経験者が感じてしまうであろう「壁」が比較的低いように思われる。
    「世界一の市民マラソン大会」と呼ばれている点や、健康を意識した一般の方も参加することから、競争の要素も低く思われる。

    近年、日本人ランナーもたくさん参加しており、マラソン参加者の過半数以上は日本人と言われている。
    「ホノルルマラソン」は、日本人にも馴染み深い文化の一つであると言える。

    おまけ:水溜りボンドのカンタの100kmマラソン

    https://www.youtube.com/watch?v=eTfUwgHw2sE

    こちらが、水溜りボンドのカンタが挑戦した「100km」マラソンの動画である。

    実はこちらの動画は、U-FESの「シェアしたくなる動画部門」にて水溜りボンドから披露された動画である。
    「この1分のためだけに100キロマラソンしてみた」というタイトルで公開され、「観客賞」を受賞した。

    「シェアしたくなる動画部門」(RED STAGE 第2部)
    ・グランプリ:関根理紗「世界最速30秒でメイク。」
    ・観客賞:水溜りボンド「この1分のためだけに100キロマラソンしてみた」
    ・審査員特別賞:カリスマブラザーズ「愛」

    引用:UUUM公式サイトより

    水溜りボンドのトミーの「42.195km」のホノルルマラソン完走についてのまとめ

    今回の挑戦者は、水溜りボンドから、カンタではなくトミーであった。

    自身の挑戦する姿勢から、視聴者の方々へ勇気が届けられればという想いから、スタートしたホノルルマラソンであり、見事完走したトミー。
    今回のトミーが示した姿勢は多くの視聴者へ勇気をもたらしたことだろう。

    ▶︎最新話題記事
    【速報】ねこてんがTwitterを削除!卒アル流出が原因で活動休止か?
    東海オンエア、2017年の出来事ランキングを発表!動画と記事で振り返る!
    【祝】もこう、シャドウバースの「トイソルジャー」の声優に大抜擢!12月29日リリース予定のネメシスクラスの新カード!
    【訃報】中国人YouTuber、超高層ビルから落下し、亡くなる。落下時の動画が急上昇1位
    2017年YouTuber炎上まとめランキング!最も衝撃だった炎上事件をTwitterで聞いてみました!
    「YouTube Rewind 2017」公開!日本人では、ヒカキン、フィッシャーズ、水溜りボンド、スカイピース、キヨなどが登場・・・見つけられた?

    ▶︎まとめ記事一覧
    ・UUUM(ウーム)メンバー一覧まとめはコチラ
    ・GenesisOne(ジェネシスワン)メンバー一覧まとめはコチラ
    ・NextStage(ネクストステージ)メンバー一覧まとめはコチラ
    ・E-DGE(エッジ)メンバー一覧まとめはコチラ

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします


    この記事をシェアする


    この記事に関係するキーワード