2014年と2015年の妖怪ウォッチブームの記憶がまだ新しい人も多くいると思う。そんな妖怪ウォッチのゲームだが、現在(2016年6月)までに、10以上のタイトルを配信、公開している。そんな中、いまだに人気を保ち続けている「妖怪ウォッチ」と「妖怪ウォッチ真打」の2タイトル。今回はそのうち「妖怪ウォッチ」の実況者を紹介していきたいと思う。

その前に不要かもしれないが、知らない方のために「妖怪ウォッチ」のストーリについて説明したいと思う。

「妖怪ウォッチ」とは

主人公のケータは夏休みの課題研究のため昆虫採集をしに近くの森に来ていた、すると神社があり、そこに不思議なガチャガチャがあった。触ってみると、そこから「ウィスパー」と呼ばれる白色のお化けが出てくるという出だしで始まるケータの物語だ。2014年日本ゲーム大賞の大賞にノミネートするなど非常に人気の高いゲームとなっている。

それでは以下にて「妖怪ウォッチ」のゲーム実況者を紹介していこうと思う。

youkai-watch

出典:妖怪ウォッチHPより

キヨ。

イケメン実況者として人気のキヨさん。以前、イケメン実況者をまとめたコチラの記事でも紹介させてもらったように、ニコ生、YouTuberを中心に非常に人気の実況者である。ニコ生、YouTubeで顔出し動画を公開しているため、時間がある際にぜひ調べてもらいたい。キヨさんの実況動画は、「マリオ」「マインクラフト」「イナズマイレブン」そして「妖怪ウォッチ」と非常にバラエティーに富んでおり、いつ動画を見ても飽きることはない。今回紹介するキヨさんの動画は「妖怪ウォッチ」のという検索ワードで一番上にくるほど人気の妖怪ウォッチ初回動画である。

出典:【実況】全力で楽しむ妖怪ウォッチ Part1

アブ

ニコニコ生放送(通称:ニコ生)を中心に活動しているアブさん。YouTubeへはニコニコ動画の方で公開できなかった動画をアップしているそうで、メジャーなゲームの実況動画というより、面白可笑しい「バカゲー」を中心に公開している。妖怪ウォッチシリーズは、初代「妖怪ウォッチ」と、「妖怪ウォッチ2元祖・本家・真打」をプレイしており、どちらも35本ほどの動画を公開している。今回紹介するアブさんの動画は、妖怪ウォッチの記念すべき初回動画である。

出典:【実況】妖怪ウォッチ part1

だいだら / だいだら実況局

ニコ生を中心に活動しているだいだらさん。彼のニコニコミュニティを確認すると、今までの実績(クリア戦績)を確認できるが、想像以上である。またAbemaTVといった新しい動画配信サイトにも積極的に参加するなど、ゲーム実況に対する熱意を感じる。主な、実況動画は「ドラクエ」「マリオメーカー」「ダークソウル2」などである。YouTubeのチャンネル登録登録者数は他の大物と比べるとまずまずだが、今後伸びることが期待できる。今回紹介する動画は41本の妖怪ウォッチ動画の一本目である。

出典:【妖怪これくしょん】妖怪ウォッチ【実況】part1

ミラクルぐっち / ぐっちの部屋

UUUM所属のゲーム実況者、関西弁で流暢に実況していくテンポの良さで、現在小中学生から絶大な支持を受けているぐっちさん。UUUMに所属していることもあり、ビートボックスで有名なあのヒカキンさんや、はじめしゃちょーといった大物YouTuberとのコラボ動画もYouTubeで見受けられる。主に、「マインクラフト」や「イナズマイレブン」のゲーム実況動画を公開している。今回紹介する動画は、ぐっちさんの妖怪ウォッチ初回プレイである。

出典:[♯1]妖怪ウォッチ実況プレイ

しゅーや

「スマブラ」「スプラトゥーン」、「ダークソウル3」など幅広く実況しているしゅーやさん。「妖怪ウォッチ」の実況動画も70本を公開するなどバラエティーに富んでいる。ツッコミしながら妖怪ウォッチを実況するスタイルが非常に人気らしい。今回紹介する動画は60万再生以上を記録した実況動画である。

出典:【実況】さくらニュータウンを駆けろ、妖怪ウォッチをツッコミ実況part1

まとめ

どうであっただろうか? 思っていた以上に大物実況者が妖怪ウォッチを実況していた。今回は一番初めに発売された「妖怪ウォッチ」の実況者を紹介したが、次回は是非人気タイトルの「妖怪ウォッチ 真打」の実況者をまとめてみたいと思う。

▶︎妖怪ウォッチゲーム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアする

この記事に関係するキーワード

関連記事