夢は叶う。
ジョーという男には、今まで人間の可能性をたくさん見せてもらった。

 

10/1、ボクシングのプロテストに合格!
しかも、たった3ヶ月で・・・
ジョーは、また新たに夢を叶える瞬間を視聴者に届けたのであった。

 

 

人々を感動させ続けるジョーの、プロボクサーへの足取りをまとめていきたい。

ジョーブログとは

本名は金沢仁宏、通称ジョー、またの名を『金髪の革命児』
1991年9月17日生まれで、現在年齢は26歳。
夢へとチャレンジし続けるYouTuberだ!

 

ジョーが有名になったきっかけは、所持金0円でアメリカや南米を旅するチャレンジ企画だった。
ドキュメンタリーのような動画で、登録者が一気に増えていった。

 

そして、亀田興毅にチャレンジする企画で知名度がさらに上がり、現在はチャンネル登録者数86万人以上の大人気YouTuberとなったのであった。

ジョーがプロテストに合格するまで

プロボクサーへの第一歩、亀田興毅との対決

ジョーは、学生時代にプロボクサーを目指し、元WBA世界ライトフライ級王者である具志堅用高を指導した1人である金城眞吉のもとで、ボクシングの特訓に励んでいた。

 

それを生かして、5/7にAbemaTVの企画「亀田興毅に勝ったら1000万円」に挑戦したジョー。

 

 

元世界チャンピオン相手に3Rまで行ったが、レフェリーの判断でTKO負けとなった。
負けはしたものの金髪の革命児の姿は人々の目に止まり、注目されることとなった。

 

そして、この挑戦がきっかけで、6/22にYouTubeに亀田興毅コーチのもとボクシングのプロテストに挑戦する動画を上げたのだった。

 

【番外編】ラファエルとの戦い

ジョーは、以前から「殴られ屋」という企画をしていた。
「殴られ屋」は、道行く人に声をかけジョーにパンチが当たったら千円あげるという企画だ。

 

ラファエルは、元自衛隊員の白仮面YouTuberだ。
自衛隊で鍛えあげられた引き締まった身体が特徴的な一般的な強い男である。

 

 

とある公園でグローブをはめ対戦する2人。
ラファエルも構えた感じからは、素人思えないオーラが溢れかえっていた。

 

しかし、蓋を開けて見ると、ラファエルのジャブやストレートをジョーは華麗にかわしていた。
一発も当たらないのだ!
体格は、ラファエルの方が断然大きいが、フットワークとダッキングでジョーが全て空振りさせて終了した。

 

次は、攻めと防御を交換して、ジョーのパンチをラファエルが交わすことに。
最初の軽いパンチがラファエルにヒット!
ラファエルは1発も避けることができなかった。

 

ラファエルは、かなり鍛えていることで有名だが、ジョーとはここまで差があるのである。
亀田興毅には惜敗し、その後も様々な人に差を見せつけられるジョーだが、YouTuberの中では最強に近いことが分かったであろう。

練習の日々

プロテストへの挑戦が決まってから、様々な人とともに練習を重ね、ジョーは強くなっていく。

 

現役ボクサーの亀田和毅にボコボコにされ、

 

 

亀田史郎の伝説のメニューを乗り越え、

 

 

楽しんごに睾丸のマッサージをしてもらい、

 

 

「百獣の王」武井壮のトレーニング法を伝授してもらった。

 

 

その結果、以前とは異なる引き締まった身体を手に入れたのであった。

 

アウトサイダーへの挑戦

 

ある日ジョーは、暴走族総長の格闘家ユウタにある場所に連れていかれた。
ユウタ曰く、「プロテストを受ける前にリングで戦う経験を積め!」ということだった。
行く先もハッキリ分からず不安なまま連れて行かれるジョー。

 

そこにいたのは、格闘王と言われた元プロレスラーの前田明!
現在の前田明は、アウトサイダーと言う地下格闘技を主催して興行を行っているのだった。
もともとアウトサイダーに参戦していたユウタからの紹介という形で、前田と引き合わせることに。

 

前田からアウトサイダーのリングに上がることを提案されるジョー。
ボクシングと違う格闘技ルールで、相手は街の不良ばかり集めたアウトサイダー。
しかも、試合は6日後!

 

出場することを承諾したジョーは、根性試しとして、190センチ120キロの前田のパンチを受けることに。
3発のパンチと1発のビンタで気合いを注入してもらったジョーは、未知のリング「アウトサイダー」に挑むのであった。

 

 

アウトサイダーは、ボクシングと違いキックや寝技もオッケーの総合格闘技である。
ボクシングを続けてきたジョーにとって、ローキックやマウントポジションは本来は対悪する必要がないものだった。
どうにか本気で食いつくジョーだが、相手は総合格闘技のプロ、あえなく負けるのだった。

 

この経験で、総合格闘技という新しい舞台への経験を積み、そして、負けることの悔しさを再認識したジョー。
挑戦者として、挑戦し続けること。
そして、プロテストに絶対に合格する気持ちを改めて持つこととなった!

プロテスト、最初の挑戦

 

9月、ジョーは初めてのプロテストに挑んだ。

 

結果は不合格。
プロテストは、予想よりも大きな壁だった。

 

しかし、ジョーは失敗したことを悔やむだけで終わらなかった。
自分の弱い部分を見つめ直したジョーは、再度亀田興毅とともに頑張り、プロテストに挑戦することを決めたのであった。

あの日の再戦へ

再度プロテストを受ける少し前、ジョーはトレーナーの亀田興毅と再戦することになりました。

 

 

3ヶ月みっちり特訓してきたジョーでしたが、まだ亀田興毅とは差を感じる試合となった。
しかし、あの頃のジョーよりかなり成長していることが画面上から伝わりました。

 

亀田興毅は、試合を通してジョーがプロテストに自信を持って行くこと、楽しんで挑戦することを伝えたのであった。
今まで選手として、世界チャンピオンとしての亀田興毅の印象が強かったですが、ジョーとのトレーニングを通して、すばらしい指導者としての一面も垣間見えた。

そして、プロテスト再戦へ

亀田興毅からのエールを受けて向かったボクシングのプロテストへの再挑戦。
プロテストは、対戦相手との1対1の戦いを通して、合否が決まる非常にシンプルな内容だ。

 

対戦相手に今の本気をぶつけきったジョーは、確かな手応えを感じていた。
3ヶ月、本気で夢へと打ち込んだ男を見てきた。
1度目の失敗を乗り越え、ジョーはかなり成長していた。
YouTuberであること、YouTubeで活動し続けるのは大変なことだが、ここまで本気で努力をしているYouTuberは、ほとんどいないであろう。

 

そして、運命のプロテストの発表の時・・・

 

 

今まで関わってきた人々ともに結果を確認するジョー。
結果を見た瞬間に雄叫びをあげる!

 

プロテスト合格。
それは、決して簡単なことではない。
素質がある人で半年、普通の人は1年以上かかる道のりを3ヶ月で乗り越えてしまった。

 

動画のコメント欄にも賛美のコメントで溢れていた。

joe_comment

出典:動画のコメントより

joe_comment2

出典:動画のコメントより

 

感動は伝わる。
本気の挑戦は、人の心を動かす。

ジョーのこれから

年内に登録者100万人を目指し、新たな出発を始めたジョー。

 

Twitterを見ると、次は東南アジアに行く企画を始めるようだ。
新たな夢へ挑戦し続けるジョーのこれからに乞うご期待!!

 

▶︎ジョーブログ関連記事
→プロフィールはコチラ
【インタビュー】ホームレスから年収1000万、旅人YouTuberに聞く「好きなことで、生きていく」とは?
【無一文でアメリカ横断!?】旅人YouTuberのジョーブログが話題に!!:過去に南米縦断も!
【食レポ】ユーチューバーが渋谷にカフェをオープンしたらしいから行ってみた。[ジョーブログ]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアする