また、YouTuberの炎上事件があった。炎上の概要は、GENESISONE所属のPDRがUUUM所属のカリスマブラザーズの英語力の無さを指摘し、カリブラファンが激怒し炎上し、PDRが前日の動画に対する補足動画を公開、そしてカリブラが謝罪動画を公開するという内容となっている。

以下では概要と共に、事の流れをもう少し詳しく見ていこうと思う。

kari-img

出典:Twitterより

PDRとは

PDRとはコメントやパロディー系の動画を公開しているYouTuberである。兄はお笑い芸人のミカエルで、弟はUUUM所属のPDS株式会社のダンテである。PDRさんは、マホトや東海オンエアが所属するGENESISONE(ジェネシスワン)に所属しており、チャンネル登録者数は60万人超えである。
pdr

出典:HPより

カリスマブラザーズとは

ヒカキンはじめしゃちょーなどが所属するUUUM事務所所属のYouTuber。拠点はシアトルで、アメリカから動画投稿をしている。日本には定期的に帰国しており、UUUMが開催するU-FESなどに出演しており、ファンとの交流もおこなっている。メンバーはジョージジローミノの三人である。

事の発端はPDRさんの動画から

事の発端は2016/11/04にPDRさんが公開した「カリスマブラザーズは本当に英語ペラペラなの?」という動画である(動画は以下)。

この動画にカリスマブラザーズ(以下カリブラ)ファンは激怒し、コメント欄やツイッターでカリブラを擁護するコメントをし炎上。

炎上を収めよう、捻じ曲がった解釈を正そうとPDRさんが第二の動画を公開する。

PDRさん第二の動画を公開!!!

前回の指摘動画で伝えたかったことはなんだったのかという内容を2016/11/05に「昨日の動画について。。。 About Yesterdays Video..」というタイトルで公開した(以下動画)。



カリブラの英語力を指摘する動画を公開した理由について「若い影響を受けやすい視聴者に、間違った英語を教えているから作った」とコメントした。

もちろん、少し小馬鹿したところがあったと非を認めたが、ポイントはそこではなく間違った英語を教えないよう“視聴者”のために作ったということだ。

そして、炎上が少し治まりつつあった所にカリブラが今回の一連の流れについての謝罪動画を公開した。

カリスマブラザーズが謝罪動画を公開

2016/11/08にカリスマブラザーズは「カリスマブラザーズから皆様へ」というタイトルで謝罪動画を公開した(以下動画)。



動画の中で、カリブラは以下のマニュフェスト(公約)を発表した。

  • イキリ80%OFF
  • 低姿勢に学ぶ英語
  • 体脂肪率10%減

炎上も治まりつつあったので、面白おかしく謝罪動画を公開した。

また、画面の後ろでカリブラに質問、ツッコミをしていたのは動画撮影時シアトルに遊びにいっていた東海オンエアのてつやである。PDRと東海オンエアは同じGENESISONE(ジェネシスワン)事務所所属である。

まとめ

YouTuberのリスナーによる炎上ということもあり、今回は早く鎮火した。最近の炎上事件だと、水溜りボンドのボヤ騒ぎあやなんのマホトへの陰口事件はじめしゃちょーの下敷き事件などがあるが、2016年まだまだ何かが起こりそうである。

▶︎関連記事
UUUMメンバー一覧まとめ
GenesisOne(ジェネシスワン)メンバー一覧まとめ
NextStage(ネクストステージ)メンバー一覧まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアする

この記事に関係するキーワード

関連記事